平成30年公認会計士 論文式試験の解答

平成30年8月24日から26日にわたり公認会計士論文式試験が実施されました。

 

受験生の皆さんは、お疲れさまでした。

 

手ごたえのあった方やなかった方などいろいろな方がいらっしゃると思いますが、気になる解答速報については、以下のリンク先から確認するようにしてください。

論文式試験受験者数

平成30年度の公認会計士論文式試験の受験者数は以下のようになっています。

 

論文式試験受験予定者数 3,678人

  • 短答式試験合格者数 2,065人
  • 短答式試験免除者数 1,613人
  • うち 平成 28 年又は平成 29 年短答式試験合格者 1,354 人
  • うち 司法試験合格者や大学教授等 183 人
  • うち 旧第二次試験合格者 76 人

試験問題と解答用紙

平成30年公認会計士 論文式試験の試験問題と解答用紙は、以下の公認会計士監査審査会のWebサイト上で公表されています。

必要な方は、リンク先から入手するようにしてください。

平成30年公認会計士 論文式試験 試験問題と解答用紙(公認会計士監査審査会Webサイト)

合格発表

平成30年公認会計士 論文式試験の合格発表は、平成30年11月16日(金)に予定されています。

例年、合格発表は以下の三通りの方法で行われます。

【掲示】

公認会計士監査審査会及び各財務局等において、「受験番号」及び「氏名」が掲示されます。

今回の論文式試験は、平成30年11月16日(金) 9:00~17:00に掲示される予定です。

 

【インターネット】
公認会計士監査審査会Webサイトに「受験番号」が掲載される予定です。
掲載開始は、平成30年11月16日(金)9:00に予定されています。

 

【官報公告】
官報において「受験番号」及び「氏名」が公告される予定です。
試験結果が公告される官報は平成30年11月21日(水)に発売予定です。

合格された方は、記念にご自身の名前が記載された官報を購入するのも良いと思います。

全国の官報販売店は左記リンク先で確認してください。

各専門学校解答速報

各専門学校が公表する解答は以下のとおりです。

資格の学校TAC

資格の学校TACでは、解答を2018年9月7日(金)16:00に公開しています。

公認会計士論文式試験 全科目解答解説

 

また論文式試験の総評である特別座談会については、2018年9月14日(金)16:00に公開されています。

資格の大原

資格の大原では、以下のリンク先で解答を公開中です。

公認会計士論文式試験 解答速報

 

また科目別の「合格ラインの読み」の動画も公開していますので、以下のリンク先で確認するようにしてください。

科目別「合格ラインの読み」

 

なお詳細な解説を加えた解答については、2018年9月7日 17:00から公開されています。

閲覧するには申し込みが必要となりますので、以下のリンク先から申し込みを行うようにしてください。

公認会計士論文式試験 解答解説 閲覧サービス申し込み

クレアール

クレアールでは2018年8月26日以降、以下のリンク先で順次解答を公表しています。

平成30年公認会計士 論文式試験 解答速報

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは、論文式本試験の分析動画を公開しています。

論文式本試験 分析動画

 

また模範解説冊子PDFを無料でプレゼントしています。

以下のリンク先から応募して、無料模範解説冊子PDFを入手するようにしてください。

無料模範解説冊子PDF応募フォーム

 

東京CPA会計学院

東京CPA会計学院では、以下のリンク先で解答を公開しています。

解答速報

合格発表までの過ごし方

まずは休息を

論文式試験を受験された受験生の皆さんは、本当にお疲れさまでした。

初めての受験で論文式試験まで到達された方でも、一年以上もの期間を全力疾走してこられたのだと思いますので、しばらくの間は、受験学習から離れて気分転換することをおすすめします。

手ごたえのあった人、なかった人、いろいろな方がいらっしゃると思いますが、一か月間くらいは、受験学習から離れて、就活に取り組んだり、友達と遊んだり、アルバイトでお金を稼いだりしてもよいのではないでしょうか。

自己採点はすべきか

いろいろな考え方があると思いますが、私は自己採点はすべきと考えています。

なぜならば自己採点することによって、次のアクションを取りやすくなるからです。

もし自己採点の結果、残念ながら合格は難しいと分かった場合は、早めに気持ちをリセットして、来年の試験への準備を開始するようにしてください。

手ごたえがない場合でも就活はすべきか

まだ就活をしたことがなければ、手ごたえがなくても就活を行うべきです。

2018年度の各監査法人の採用情報などは以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

2018年度 監査法人の採用情報 就職活動するなら必見!
各監査法人のリクルートサイトが更新され、2018年度の定期採用活動が始まっています。 公認会計士試験受験生の就職活動は、論文式試験の合格発表後に、一気に本格化しますが、慌てることがないように、事前にしっかり情報収集しておくよう...

 

各監査法人のリクルートイベントはすでに開催済みのものもありますが、メインの夏イベントはこれからです。

これらのリクルートイベントに、参加して、さまざまな情報を集めるようにしましょう。

そして実際に監査法人で勤務している公認会計士の生の声を聞くようにしてください。

もしかすると、公認会計士になりたいというモチベーションを高めるきっかけになるかもしれません。

10月からは受験学習を再開

9月中は就活を行ったり、やりたいことをして過ごすなどして、気持ちを完全にリセットするようにしましょう。

そして10月からは心機一転、受験学習を再開するようにしてください。

各専門学校では合格返金制度が準備されていますので、安心して合格発表前に受験学習を再開することができます。

TACの合格返金制度

大原の合格返金制度

クレアールの合格返金制度

LECの合格返金制度

コメント