公認会計士試験、受からないという不安はこう解消しろ!

公認会計士試験に合格するためには、最短でも1年間の学習期間が必要です。学習期間が長期にわたるため、多くの受験生が様々な不安に直面します。

 

「今の学習方法は最良の方法なのか」、「答練で点数がとれないのは専門学校が合っていないのではないか」、「いつまでも試験に合格できないのではないか」と感じる不安は人によって様々です。

 

時には不安が強すぎて、夜に眠れなくなるようなこともあります。

 

適度な不安は、学習を進めていく中ではプラスに働くことが多いのですが、過度な不安はマイナスの効果しかもたらしません。

強い不安に襲われた時は、どのようにマインドをリセットすればよいのでしょうか。

不安を感じない人はいない

公認会計士試験は難関といわれている国家試験です。

受験生は、過去に成功体験がいくらあっても、合格する保証などない中で、学習を進めていかなければなりません。

 

真剣に学習に取り組めば、取り組むほど、不安を感じるものなのです。なので受験生は、不安をすべて取り除くことを望んではいけません。

 

適度な不安は、学習面においてプラスに作用します。不安だからこそ、つらくても努力できるのです。

 

不安を感じてるのは自分だけではなく、受験生全員が感じているのだと知ってください。

 

そしてその不安を適切にコントロールできた人が公認会計士試験において、合格を勝ち取っていくのです。

不安の原因と真摯に向き合う

不安はどんな時に感じますか?

答練で思うように得点がとれない時ですか。テキストを読み込んでいて、理解できない時ですか。講義を受けていて、講師の言うことが理解できない時ですか?

 

もし不安に襲われたときは、その不安の原因と真摯に向き合うようにしてください。

 

きっと「財務会計論の計算が思ったほど延びていない」、「監査論でまだ対策ができていない論点がたくさんある」など不安を感じる原因があるはずです。その原因をつきとめるようにしてください。

 

原因をつきとめることができれば、対策を行えばよいのです。

結果を出す努力をする

努力した成果が結果に表れれば、強い不安を感じることは少なくなります。

 

不安に感じる原因をつきとめることができたならば、それを改善する努力を徹底的に行ってください。

 

改善する努力を続ければ、必ず状況は変わります。

 

成果の表れ方は人によって異なります。努力を行ってすぐに成果に結びつく人もいれば、なかなか成果が表れない人もいます。

でもきちんと努力を続ければ、必ずいつかは成果が表れるものです。

決してあきらめない

学習を進めていくうちに、不安に襲われて、公認会計士になることをあきらめたくなる時が何度も訪れます。

 

でも決して、あきらめないようにしてください。

 

公認会計士になった人も、受験中は何度も公認会計士になることを、あきらめそうになった人たちです。

でもあきらめることなく踏ん張って、努力を続けられた人たちが公認会計士になっていくのです。

合格した後の生活をイメージする

もし強い不安に襲われたときは、公認会計士になった後のことを想像してみてください。

最初に公認会計士を目指した時のことを思い出してください。公認会計士になって、やりたいことがあるはずです。

 

試験に合格すれば、やりたいことが自由にできるのです。

 

公認会計士になれば、繁忙期は忙しいですが、それ以外は比較的自由になる時間が多いです。また金銭面でもかなり余裕のある生活をおくることが可能です。

公認会計士になって、なりたい自分になっている姿を強くイメージするようにしてください。

上手に気分転換する

強い不安に襲われているときに、学習を進めることは難しいものです。そんな時は、上手に気分転換をするようにしてください。

今日学習することができなかった5時間は、明日から1日1時間ずつ取り返せばよいのです。なので、どうしても強い不安に悩まされているときは、学習から離れるのも、一つの方法です。

 

どこかに出かけるのもいいでしょう。買い物がしたければ、買い物をしてください。友人と会いたければ友人と会ってください。

 

そしてもう一度、「公認会計士になりたい」という強い気持ちを取り戻して、明日から努力を続けるようにすればよいのです。

 

公認会計士になって、やりたいことがあるはずです。以下の記事も読んで、もう一度やりたいことを思い出してみてください。

https://be-cpa.net/licenses/what/
https://be-cpa.net/licenses/careerplan/

コメント