合格率47.3%!東京CPA会計学院の公認会計士講座

東京CPA会計学院は1968年に渋谷区恵比寿にて「東京会計法律学院」として創設されています。その後、「東京C.P.A.(公認会計士)専門学院」と改称した後、現在の「専門学校 東京CPA会計学院」に改称したのは、2008年のことです。

大手専門学校に比べ受講者は少ないですが、個別サポート体制をとっており、手厚いサポートを受けることができる専門学校といわれています。

東京CPA会計学院の特徴

高い合格率

東京CPA会計学院の2016年の合格率は47.3%と受験者全体の合格率10.8%を大きく上回る合格率を誇っています。

これは徹底した個別サポート体制をとっていることが理由といわれています。

講師は全員試験合格者

東京CPA会計学院は公認会計士の専門学校では珍しく試験合格者の全科目の講師を校舎に常駐させています。そのためいつでも、どんな質問でも対応してもらうことができます。
他の専門学校では、全科目合格者では無い、合格者だけど常駐じゃないといった理由から、質問に対して納得のいく解答を得ることが難しいことがありますが、東京CPA会計学院ではそのようなことはありません。

選べる受講スタイル

東京CPA会計学院では通学講座を選べばライブ講義、ライブ答案練習を受講することができます。

またライブ講義に出席できない場合には、個別DVDを利用することができます。DVD受講をする際は無料でいつでも何度でも好きなだけ利用できますので、自分の都合に合わせた学習をすることで効率的に学習ができます。

さらに教室+Web講座を選択すれば、WEB受講が可能となり、自宅で学習をすることもできますので、通学に要する時間を学習時間に充てることで、より効率的な学習が可能です。

公認会計士講座の実施校

  • 水道橋校
  • 早稲田校
  • 日吉校
  • 大阪梅田校

公認会計士講座のコース

初学者向けコース

  • 1.8年スタンダードコース
  • 1.8年速習コース
  • 1年スタンダードコース

受験経験者向けコース

  • 上級総合マスターコース
  • 上級論文マスターコース

公認会計士講座の学費

学費は選択するコースにより異なります。初学者向けの1.8年スタンダードコースで基本価格は700,000円とされています。

通信講座

東京CPA会計学院の通信講座にはDVD通信とWeb通信があります。

いずれの通信生も常駐専任講師がサポートしてくれます。通信生一人ひとりの学習状況や成績を把握して、通信生の合格に向けて、最適なアドバイスを行ってくれます。

資料請求

専門学校選びで最も重要なのは、自分に合った専門学校を見つけることです。

自分に合った専門学校を見つけるためにも、資料請求して隅々まで目を通してみてください。きっと自分に合った専門学校が見つかると思います。

資料請求は無料ですので、取り寄せない手はありません。

【資料請求はこちらから↑】

 

上記をクリックすると東京CPA会計学院のホームページに飛びますので、ページ上部の「資料請求」ボタンをクリックして、必要事項を入力すれば、資料を無料で入手できます。


他の専門学校も気になった方は、こちらの記事もどうぞ。

公認会計士の専門学校おすすめランキング 迷ったらココから選べ!
公認会計士試験は、金融庁が決めた合格者数の枠の中に入らなければ合格できない「競争試験」です。 従って、競争に勝つための学習が重要になってきます。 では競争に勝つためにはどのような学習が必要なのでしょうか。 ...

コメント