Web通信に特化!クレアールの公認会計士講座

クレアールは1962年に企業経営者養成専門機関「経営指導協会」として設立されています。

その後1969年に「東京商科学院」と名称変更した後、2001年に現在の「クレアール」になっています。

 

クレアールは様々な資格取得講座を開講していますが、その中でも公認会計士講座に特に力を入れている専門学校です。

 

またクレアールは2011年より通学講座は実施しておらず、Web通信講座に特化していますので、東京水道橋にあるクレアール本館以外に教室はありません。

したがって、クレアールを利用する場合は、自宅や大学の図書館などで自習することが前提となります。

クレアールの特徴

重要論点に絞った学習

クレアールの学習の基本コンセプトは、範囲を絞って学習を進めることにあります。

クレアールでは、過去の本試験の出題傾向を徹底的に分析した結果、公認会計士試験を、基本論点をマスターした上で、表現力、演繹力、推論力を磨けば、十分合格点を獲得できる試験であると結論付けています。

そのため、他の専門学校に比べて取り扱う論点は、限定されており、テキストも薄いことで有名です。

 

出題範囲の広い公認会計士試験において的を絞って学習を進めていきたい、と考えている方にはおすすめの専門学校です。

Web通信に特化

クレアールではWeb講義に特化しており、生講義を受講することはできません。

またクレアールでは、東京水道橋にある本館に空き教室があれば自習室として開放されますが、常に自習室が用意されているわけではないため、自習室は受講生が用意する必要があります。

自宅で自習することができる方は問題ありませんが、自宅では集中できない方は、近くに電卓の使用が可能な図書館など、公認会計士試験の学習が可能な自習スペースがあることが受講の前提になってきます。

講義時間を細分化

多くの専門学校の講義は、1コマ3時間で実施されます。

ところがクレアールの講義は、1コマ60分から90分と細分化されて実施されます。

3時間の講義をはじめから終わりまで集中して聞くのは、簡単なことではありません。

集中力が長い時間続かない方や日々のコマ切れの時間を有効活用したい方には、おすすめの専門学校です。

TAC、大原よりリーズナブルな授業料

Web講座に特化していることもあり、TACや大原に比べると授業料は抑えられています。

またよくキャンペーンを実施しており、キャンペーン時に申し込みを行うと20%程度の割引を受けることができます。

 

なお別途講義のDVDが欲しい場合は、オプションでDVDを入手することも可能(90,000円~)です。また通常はデータで提供される答練や資料を、紙で欲しい場合もオプションで申し込み可能(45,000円~)です。

初学者向け公認会計士講座

公認会計士試験を受験したことがない方は、以下のコースの中から選択してください。

まずは同年度での短答式試験と論文式試験の一括合格を目指すか、まずは短答合格と論文の科目合格を目指し、翌年度に論文合格段階合格を目指すのかを決める必要があります。

特段の事情がない限り、一括合格を目指すことをおすすめします。

 

続いて、2019年の論文合格を目指すのか、2020年の論文合格を目指すのかを決める必要があります。

2019年論文合格目標

最短で公認会計士になりたい場合は、2019年論文合格目標の中からコースを選択することになります。

1年合格全力投球コース

2018年7〜9月までを目処に簿記検定の学習を修了し、順次公認会計士講座の短答必須科目講義の受講を進め、一気に2018年12月または2019年5月の短答式試験と2019年論文式試験の合格を目指すコースです。

学習期間が短いことから、毎日複数の講義を受講しなければなりません。

公認会計士試験では、授業時間以上に復習時間を確保する必要があるのですが、十分な復習時間を確保できない恐れもあります。

従って余程の事情がない限り、1年合格全力投球コースの受講はおすすめしません。

  • 受講期間:約1年3か月
  • 短答再チャレンジ特典付き(2018年12月の短答が不合格の場合、短答式試験答練講座が受講可能)
  • 受講料:450,000円~

2020年論文合格目標

ハイスピード型短答・論文トータルサクセスコース(おすすめ!)

2019年5月の短答式試験の合格を大本命に学習を進めながら、学習進捗状況によって2019年12月、または2020年5月の短答式試験を受験することもセレクトできるコースです。

11月の簿記検定本試験終了後に担任と相談して、AクラスもしくはBクラスかを選択することになります。

学習期間も無理なく学習を進められる期間を確保しており、また学習の進捗に合わせてコースを選択することも可能なので、おすすめのコースです。

  • 受講期間:約2年3か月
  • 短答再チャレンジ特典付き(2019年5月の短答が不合格の場合、短答式試験答練講座が受講可能)
  • 論文チャレンジ特典付き(2019年5月の短答に合格した場合、2019年目標の論文式試験対策講座が受講可能)
  • 受講料:470,000円~

2年スタンダード合格コース

日商簿記1級を1年程度かけてじっくりと学習し、計算科目の基礎をしっかりと固めた後、会計士講座に合流するコースです。

2019年12月の短答式試験を大本命に、学習の進捗状況によって2020年5月の短答式試験、続いて8月の論文式試験を目指すコースです。

日商簿記1級を1年程度の時間を掛けて学習しますので、やや間延びするように思います。

それくらいなら最短で簿記の基礎を習得し、他の科目に学習に時間を掛けた方が、合格への近道なので、「ハイスピード型短答・論文トータルサクセスコース」をおすすめします。

  • 受講期間:約2年
  • 短答再チャレンジ特典付き(2019年12月の短答が不合格の場合、短答式試験答練講座が受講可能)
  • 受講料:470,000円~

その他のコース

3年スタンダード合格コース

日商簿記1級を1年程度かけてじっくりと学習し、計算科目の基礎をしっかりと固めた後、会計士講座に合流するコースです。

その後、2020年5月の短答式試験を大本命に学習し、進捗状況によって2020年12月の短答式試験、続いて2021年8月の論文式試験の合格を目指します。

 

今から学習を始めるのであれば、2020年の論文合格を目指すべきです。そのためペースを落として学習を進め、2021年合格を目指すのは、得策ではありません。

特段の事情がない限り、2020年の論文合格を目指すことをおすすめします。

  • 受講期間:約3年
  • 短答再チャレンジ特典付き(2020年5月の短答が不合格の場合、短答式試験答練講座が受講可能)
  • 論文チャレンジ特典付き(2020年5月の短答に合格した場合、2020年目標の論文式試験対策講座が受講可能)
  • 受講料:500,000円~

3年トータルセーフティコース

2019年の論文合格を目指しつつ、不合格だった場合に備え、追加の費用負担なしに2020年及び2021年も講座を受講できるコースです。

逃げ道を残しつつ学習を進める方法は、甘えを生じさせる恐れがありますので、これらのコースはおすすめしません。

またもし専門学校が合わない場合に、他の専門学校を選択するのが難しくなってしまいます

従って不退転の決意で2019年の論文合格を目指すコースをおすすめします。

  • 受講料:730,000円~

4年トータルセーフティコース

2020年の論文合格を目指しつつ、不合格だった場合に備え、追加の費用負担なしに2021年及び2022年も講座を受講できるコースです。

こちらも3年トータルセーフティコースと同じ理由で、おすすめしません

不退転の決意で2019年の論文合格を目指すコースをおすすめします。

  • 受講料:760,000円~

教育訓練給付金制度を利用するなら

クレアールでは社会人向けに教育訓練給付金制度を利用できるコースが準備されています。

2021年合格目標3年スタンダード合格コースが教育訓練給付金制度の対象コースとなっていますので、教育訓練給付制度を利用するなら、こちらのコースを選択してください。

ただし今から公認会計士を目指すなら、まずは2020年の論文合格を目指すべきだと思いますので、あえて教育訓練給付制度を利用しないという選択もあると思います。

受験経験者向けコース

受験経験者向けにも以下のようなコースが準備されています。

受講料についても初学者向けコースよりもお得な価格設定となっていますので、万が一、初年度の受験に失敗したときも安心です。

  • 上級ストレートコースW受験型Aクラス
  • 上級ストレートコースW受験型Bクラス
  • 上級春短答・論文ストレートコース
  • 上級セパレートコース

資料請求

専門学校選びで最も重要なのは、自分に合った専門学校を見つけることです。

自分に合った専門学校を見つけるためにも、資料請求して隅々まで目を通してみてください。きっと自分に合った専門学校が見つかると思います。

資料請求は無料ですので、取り寄せない手はありません。

 

 

他の専門学校も気になった方は、こちらの記事もどうぞ。

公認会計士の専門学校おすすめランキング 迷ったらココから選べ!
公認会計士試験は、金融庁が決めた合格者数の枠の中に入らなければ合格できない「競争試験」です。 従って、競争に勝つための学習が重要になってきます。 では競争に勝つためにはどのような学習が必要なのでしょうか。 ...

コメント