公認会計士になるための勉強時間のリアル 最短ルートで合格するために

公認会計士になりたいと思っている学生や社会人の中には、どれくらい勉強すれば公認会計士になれるのか、不安に思っている方もいると思います。

 

これに対して一般的には、「合格するまでに年間2,000から3,000時間程度の勉強が必要」といわれています。

 

でも実際のところは、どうなのでしょうか。

 

今回は、公認会計士になるための勉強時間について、徹底解説します。

公認会計士になるための勉強時間

「2,000時間以上」はあながち嘘ではない

公認会計士試験では、専門学校で扱った論点を取りこぼすことなく、確実に正答できるように勉強することが重要です。

 

そのためには仮に専門学校の講義を3時間受けたとすると、同じくらいの時間を割いて、講義の内容をしっかり復習することになります。

 

初学者であれば専門学校の授業だけでも年間200コマ以上あり、答練なども合わせるとこれだけで1,000時間くらいになります。

これと同じくらいの時間をかけて、講義の内容を復習することになりますので、公認会計士試験に合格するためには、合計2,000時間以上かけて勉強することが必要といえます。

 

一般的に言われている「公認会計士になるためには、年間2,000から3,000時間程度の勉強が必要」という話は、あながち嘘ではないことが分かります。

初学者はインプットに1,500時間は必要

公認会計士試験に合格するためには、問題を解く上で必要な知識を頭に詰め込む「インプット」の作業と、詰め込んだ知識を解答用紙に吐き出すための「アウトプット」の訓練の、両方が必要です。

 

初学者向けの専門学校の講義は、入門と基礎期に150回程度、上級期に100回程度行われます。

1回の授業が3時間ですので、授業を受けるだけで750時間(3h×250回=750h)もの時間が必要となります。

 

また講義の内容を理解するためには、授業と同程度の時間を掛けて復習することになりますので、合格のために必要な知識をインプットする作業で最低でも1,500時間(750h+750h=1,500h)が必要となります。

アウトプットのトレーニングにも500時間程度は必要

一方で計算問題や論文式試験では、インプットした知識を使って解答するアプトプットの訓練が必要になります。

これは専門学校が実施する答練を通じて、訓練することになります。

 

答練は講座に組み込まれたものが60回分程度、オプションで申し込んだものが60回分程度あります。

講座に組み込まれたものは2時間、オプションで申し込んだものは1時間の問題となっていますので、これを1回転させるだけで180時間(2h×60回+1h×60回=180h)の時間が必要となります。

これを繰り返し解くことによって、トレーニングすることになりますので、3回転させたとして、トータルで540時間(180h×3回転=540h)が必要ということになります。

大学生の一週間の勉強時間

公認会計士になるための勉強を始めると、大学生は以下のような一週間を過ごすことになります。

このように一週間を過ごすと、年間で2,392時間(平日6h×5日×52週+土曜10h×52週+日曜6h×52週=2,392h)の勉強時間を確保することが可能です。

 

平日

大学も3年生になれば大学の授業は減っていると思います。

日によっては午後も大学の授業があると思いますが、多くの日は公認会計士の勉強に時間を割くことができると思います。

また初学者のうちは、ほぼ毎日専門学校の講義を受けなければなりません。

 

大学生であれば、平日は自習時間が3時間、専門学校の授業が3時間の合計6時間くらいが平均学習時間になります。

土曜日

学習が進み、上級期ともなれば授業のコマ数もぐっと増えてきます。

大学の授業の都合などで平日に受けることができなかった授業があれば、土曜日にフォローすることになります。

 

また初学者は専門学校の授業のコマ数も多く受験経験者に比べ、自習時間を確保しずらいので、学習に集中できる土曜日にしっかり自習時間を確保することが重要です。

 

土曜日は自習時間が4時間、授業が6時間の合計10時間くらいが平均学習時間になります。

日曜日

多くの受験生は、日曜日も専門学校の自習室で自習しています。

専門学校の講義は一コマ3時間で行われることが多いのですが、それ以上の時間を割いて復習することが必要です。

平日はなかなか時間が確保できないため、日曜日に復習する時間を確保している受験生が多いのが実態です。

 

しかしながら長丁場の受験生活の中で休みを一切取らないと途中で息切れしてしまいますので、モチベーションを維持するためにもうまく休息をとることも重要になってきます。

そこで日曜日は夕方までと決めて、夜は自由時間にするなど、うまく気分転換をしている人が多いです。

社会人の一週間の勉強時間

社会人が公認会計士の勉強を始めると以下のような一週間を過ごすことになります。

以下のように一週間を過ごすと、年間で2,340時間(平日5h×5日×52週+土曜10h×52週+日曜10h×52週=2,340h)の勉強時間を確保することが可能です。

 

平日

社会人は日中は仕事があるため、勉強時間を作ることができません。平日の公認会計士になるための勉強時間は、仕事が終わった後に限られてしまいます。

 

初学者であれば、平日もほぼ毎日専門学校の講義を受けなければなりません。

そうすると毎日の授業の復習時間を十分に確保することが難しくなってきますので、効率的に復習を進めることが重要になってきます。

通勤時間などの隙間時間も復習時間に充てることを考えなくてはなりません。

 

また週に何日か残業をしなければならない日があるかもしれません。

専門学校の講義は、DVDやWebでフォローすることができますので、授業を聞き逃すことはありませんが、残業の多い仕事だと、ますます自習時間を確保することが難しくなります。

残業によって復習ができなかった分は、夜遅くまで学習を続けるか、土日にまとめて復習するしかありません。

 

このように社会人は、平日は専門学校の授業が3時間、自習時間が2時間の合計5時間くらいの勉強時間が確保できれば良いだと思います。

土曜日、日曜日

社会人の場合は平日に十分な自習時間が確保できませんので、土日にそれらを取り返すことになります。

 

特に初学者は専門学校の授業も多く受験経験者に比べ、自習時間を確保しずらいので、学習に集中できる土日にしっかり自習時間を確保することが重要です。

 

実際には、土曜日は授業が6時間、自習時間が4時間の合計10時間くらい、日曜日は自習時間が10時間くらいの時間を勉強時間に充てることが可能です。

 

大学生の場合は、日曜日の夕方以降の時間は気分転換の時間としている受験生が多いのですが、社会人は平日に時間が確保できない分、日曜日の夕方以降も勉強時間に充てることをおすすめします。

サラリーマンの年間労働時間は2,080時間以上

公認会計士になるためには、年間2,000時間以上の学習が必要と聞いて、「そんなに時間をかけて勉強しなければならないなら、自分には無理!」と思った人は、良く考えてみてください。

 

世の中のサラリーマンは、残業のない人でも毎週40時間働いています。

これを年間で考えると2,080時間(40時間×52週)になります。

 

残業なしでこれです。

 

そしてこれを定年までの40年間続けなければいけないのです。

 

これを考えると社会に出る前に2,000時間を公認会計士試験の学習に費やすことはたやすいと思いませんか。

 

ここで頑張っておけば、一般のサラリーマンの倍以上の年収を得ることができるのです。

あるいは、みんながうらやむ社会的ステータスが与えられるのです。

 

これに気づいた人たちが、2,000時間頑張って公認会計士になっていくのです。

最短ルートで公認会計士になるためには

公認会計士試験は、金融庁が決めた合格者数の枠の中に入ることが必要な競争試験です。

そのため、合否ライン上にいる受験生の半数以上が正答できる問題を、如何に取りこぼさないようにするかが重要であり、そのような勉強方法求められることになります。

 

どこが取りこぼせない論点なのか、初学者が独学で見出すことは困難です。

 

従って最短ルートで公認会計士になりたいのであれば、試験に関するノウハウを長年蓄積している専門学校をうまく利用するのが一番です。

 

でも初学者にとっては、どこの専門学校を選べばよいのか、良く分からないと思います。

 

そんな人のために、以下の記事で主要な専門学校をランキング形式で紹介していますので、こちらの記事も目を通すようにしてください。

公認会計士の専門学校おすすめランキング 迷ったらココから選べ!
公認会計士試験は、金融庁が決めた合格者数の枠の中に入らなければ合格できない「競争試験」です。 従って、競争に勝つための学習が重要になってきます。 では競争に勝つためにはどのような学習が必要なのでしょうか。 ...

 

コメント